« やるべきことをやる・・・しかないですね、やはり | トップページ | 良い流れ…かな? »

相手が知りたいことを的確に丁寧に伝える姿勢

 ここのとこ忙しさにかまけて、全くブログに向かうことができず(向かうことををせず?)、更新が出来てませんでした。今年の正月にとにかく「書く」習慣をつけようとブログを始めたのですが、まだまだ習慣になってません。何かで読んだのですが、「習慣」にならないと本当の能力ではないと思います。

 さて、一昨日地元某金融機関へお客様に同行訪問してきました。先方が気にするであろうポイントを押えて明確に説明できたことで反応は上々でした。やはり自社の状況を丁寧に伝える姿勢と、社長自らの言葉で伝えることが最も重要と再確認しました。

 ただ金融機関が知りたいポイントは経営者側には分かりにくいのも事実ですね。

 経営者側が伝えたいことと金融機関担当者が融資審査を通すために知りたいことには明らかにギャップがあります。経営者側はそのことを認めて、相手の知りたいことを的確に丁寧に伝えるべきです。これは自社の営業や販売戦略を考える上でも共通する部分が多くあると思いますが、その辺りはまたおいおいに書いてみようと思います。

 

« やるべきことをやる・・・しかないですね、やはり | トップページ | 良い流れ…かな? »

経営改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手が知りたいことを的確に丁寧に伝える姿勢:

« やるべきことをやる・・・しかないですね、やはり | トップページ | 良い流れ…かな? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

業務内容

アイクスグループ


-天気予報コム-

最近のトラックバック

私の本棚

twitter

気になっているもの

無料ブログはココログ