助成金・補助金

認定支援機関向け施策

今日は、今年一発目の静岡遠征で、さっそく浜松で寄り道を。

318034_510204132357854_861607822_n

寄り道といっても遊びではなく、浜松では認定支援機関向けの施策説明会に参加してきました。政権交代もあり、認定支援機関の動向が気になっていましたが、結構な予算が張られそうです。

398134_509898782388389_1214903115_n

写真はいくつか紹介された補助事業のひとつ。創業者さんなどにも認定支援機関が計画作成などに関与すれば補助が出るようです。(まだ確定じゃないですが)

ちなみに私の所属するアイクスグループも認定支援機関になっていますので、新たな施策の情報を随時お伝えしていこうと思います。


説明会のあとは、昼食にベタですが鰻を頂きました。

鳥取県建設業新分野進出事業補助金

今日、支援先の補助金申請をしてきました。

今回申請したのは、「鳥取県建設業新分野進出事業補助金」というもので、建設業者さんが建設業以外の新事業を行なうにあたり県が補助するというもの。

この補助金は「進出検討型」と「事業化実現型」の2段階に分かれていて、「進出検討型」は主に新分野進出を検討するための視察や調査を行なう費用の一部補助で、「事業化実現型」実際に新分野事業を行なうための商品開発、販路開拓、人材育成、雇用創出にかかる費用の一部補助となっています。

補助金の限度額は、「進出検討型」が100万円。「事業化実現型」が商品開発・販路開拓・人材育成で300万円、新規雇用で120万円の計420万円。

今回は既に商品開発、販路開拓にあたる補助金の申請は済んでいて、今日申請をしてきたのは、雇用創出の部分でこの補助金の一連の流れの最後の部分になります。

補助金をとることが目的になってしまうのは考えものですが、新規事業に取り組むのに一部補助してもらえるのは、実際ありがたいものです。今回商品開発から新規雇用までで420万円の補助が受けられるのはかなり大きいです。

補助金も元をたどれば税金ですので、ムダな投資は慎むべきですが、新たな事業へはチャレンジしていくべきだと思います。

鳥取県建設業新分野進出事業補助金のページ

少し前進

ここのとこかかりっきりになってしまっている、新規事業の補助金申請の相談へ県の担当者の方のところへ行ってきました。

こちらが想定している申請内容が、相談に行く補助金対象としてもらえるのかどうかドキドキでした。

結果としては、一部補助金の対象外といわれたものがありましたが、概ね該当になるだろうとの回答をもらえました。ただ日程が詰まっているので、急いで修正する必要があり、事務所に戻り早速修正作業にかかっていると、相談した担当者の方から電話があって、色々と注文を頂きました。

なんだかよく要領を得ないことを言われ、少しイラっとしてしまいましたが、その担当者の方も親切で言ってくれているのは感じていたので、言われる通りにせねば。

こういう手続きって、こちらには分らない部分(相手の内部事情など)が多いので、窓口となる担当者の方によってものすごく差が出るなぁと感じます。なので、窓口となる方からその辺に気を配ってもらえるとあっという間にファンになってしまいます。

今回は今のとこ良い方に当たってる感じです。が、どこでひっくり返されるか分らないので、気を抜かずいきたいと思います。

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

業務内容

アイクスグループ


-天気予報コム-

最近のトラックバック

私の本棚

twitter

気になっているもの

無料ブログはココログ