研修

無事に創業塾を終えました(2日経過・・・)

 早いもので今年ももう12月に入ってしまいましたね。私的には今年はなんだか特に日が経つのが早かったように感じています。

 さて、前回のブログで書いていた「創業塾」の私のコマが1日(木)にあり、講師を務めさせて頂きました。(2日も経ってからですみません・・・)

387708_2525877539930_1043131799_328

 今回は商工会議所さんも初の試みとして、全8回で全て平日の18時~22時の開催するという結構ハードな日程で、私も4時間に渡り「創業に避けて通れぬ税務と労務」ということでお話させて頂きました。

Imag0022

 ビジネスプランの立て方とかマーケティングなどの講義に比べると地味なパートですが、業種に関係なく関わってくることですし、ちょっと知っておくだけで、事業のつまづきを防ぐことができますよ~ということに重点を置いて説明させて頂きました。

 商工会議所さん主催ですので、セミナー内容についてのアンケートもあり、終わった後に恐る恐る少し見せて頂きました。受講者さんの評価は概ね好意的な評価が多く、ホッとしましたが、1・2つ辛口なご感想も頂きました。

 全ての人に受け入れられるのはムリでしょうし、むしろ辛口なコメントを頂けることに感謝しつつ、次に活かしていかないとなぁと思っている次第です。

創業塾レジメ完成・・・かな

 昨年に引き続きお声掛けを頂き、12/1に米子商工会議所さんで創業塾の講師をさせて頂くのですが、そのレジメがようやく完成。1週間近くこれにかかりきりになってしまいました。

 時間が18時から22時の4時間というのに加え、参加者が50名超と聞いてプレッシャーを感じずにはいられませんが、スピーカーズノートをしっかり準備して臨むつもりです。

1

 なんとかこちらが一区切りついたので、明日からは別件の計画書作成案件に専念したいと思います。

シンプルなことほど難しい…

今日は「リーダーシップとは」~自己改革のすすめ~というテーマで(株)社員教育研究所さんの講演を聞いてきました。

リーダーシップについて学ぶといっても、1時間半ほどの講演なので、どちらかというと意識とか心掛けについてという感じでしたが、実際に大きな声を出すことで気持ちが変化することと、相手に好印象を持ってもらうための「お愛想6カ条」は参考になりました。

お愛想6カ条とは、
①あいさつの回数である
②笑顔の回数である
③返事をする回数である
④キビキビと動く回数である
⑤相手の目を見てうなずく回数である
⑥声の大きさ、明るさである
というもの。

①〜⑤までは全て「回数」となっていて、どれだけ回数を多くし、習慣化するかが基準となっています。

回数で測れる要素を特定し、それらを「やるか」「やらないか」にまで落とし込む。まず「やってみて」、「習慣になるまでやる」。すごくシンプルで万事に通ずる、素晴らしい要諦だと思います。

自分も「やる」ことを決めないと。

ありがたい存在です

今日はコンサルタントをやっている古巣時代の元同期が訪ねてきてくれました。
彼は私よりも先に古巣を卒業し、コンサルとしては私よりも先輩になります。
元々、エネルギッシュで行動力のある彼ですが、古巣を離れてからは前にも増してエネルギッシュに活動しています。
最近、私の周りで(プライベート)はどちらかというと明るくない話題が続いていたこともあったりして、なんとなく気力が低下していたのですが、今日はねじを巻きなおすことができました。
やはり人に刺激や影響を与えて、相手に行動を起こしてもらうのがこの仕事の醍醐味だと思いますし、今日はそのことを思い出させてもらった良い日でした。

ホウレンソウ(続き)

今日は午前中、前回の続きで支援先の社員研修の日でした。

仕事を円滑に進めるために、どのように報・連・相、特に「報告」をすればよいのかを考えて整理してもらうために、まずは社員各自に「自分が現状やっていること」を書き出してもらい、それを各課のみんなで共有するところまでを、今日はやりました。

会社として、どんなときに、誰に、どのように報告すべきなのかが共有されていないので、個人差があります。自分では報告する必要がないと思っていたら、それは報告すべきことだったり、逆にとにかくなんでもかんでも報告しているなんてこともあり、社員間でそういったことが再確認できた良い機会だったのではと思います。

次は、マネージャー層の方に、どのような報告が必要なのかをしっかり考えてもらい、それを社員の方にしっかりと説明して、業務が円滑に進められる基礎、土台を構築していかねばなりません。

なんとかかんとか

昨日はこのブログでお伝えした支援先の社員さん向け研修をしてきました。

テーマは「報告・連絡・相談」といういわゆるホウレンソウで基本的なことでしたが、切り口を「情報の共有化」と「問題解決」という観点からお話してきました。

私が最近感じていることで、お客様により良い商品・サービスを提供していく為には、社員一人一人が持っている情報を共有して、その情報を基に知恵を出し合ってお客様の抱える「問題」を解決していくこと、が業種を問わず必要で、情報を共有し解決策を見つけるために、「報告・連絡・相談」をしっかり行なう必要がある、という内容のことをお話ししました。

そのあとに、各課ごとに分かれて各自が行なっている報告業務の現状の洗い出しをしてもらったところで今日はタイムアップとなり、続きは次回ということに。

研修と業務改善をミックスした試みとして始めてみましたが、自分達の業務に直結するためか、それなりに手応えは感じられたように思います。

つたない研修ですが、なんとかかんとか前に進めていこうと思います。

ホウレンソウ

今日は半日、支援先の社員さん向けの研修講師をしてきます。

去年の夏ごろから、何度か頼まれてやらせて頂いています。

今回のテーマは「報・連・相」。今さら?と思われるかもしれませんが、会社として、社会人として基礎的なことから見直してみようということでこのテーマとしました。

試みとして、単にこちらが「報・連・相」についてしゃべるのではなく、支援先さんの中堅リーダーの方を中心に、「報・連・相」をベースとした業務改善検討の場にしたいと考えています。もっといえば、「報・連・相」を見直すことで、支援先内の情報共有と問題解決のレベルアップに繋げたいと考えていますが、果たして?・・・

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

業務内容

アイクスグループ


-天気予報コム-

最近のトラックバック

私の本棚

twitter

気になっているもの

無料ブログはココログ